よくあるご質問

Q1.深層イメージ療法とカウンセリングはどう違うのですか?

カウンセリングは今の自分を知り、整理し、これから先、どういう行動や考え方を用いる事で楽になるかを顕在意識下で一緒に考えます。深層イメージ療法は潜在意識を見ていきます。表面的に忘れてしまっている記憶(体感・感覚・感情)や、心の深い所で感じたり思ったり考えたりしている部分に焦点を当てて行く事で、本質的な自分に気付いていきますので、よりパワフルです。

Q2.何回ぐらい受けると問題が解決しますか?

ありきたりな答えで申し訳ありませんが、人それぞれです。
1回で大きな気づきを得られたという方もいらっしゃれば、
数回でじわじわ変化があったとおっしゃる方もいらっしゃいます。
ただ、数十年培ってきた考え方、感じ方はなかなか1回ではかわりません。
1回より数回継続して受けられるとより大きな変化が見込めるかと思います。
こちらから回数を指定したり、次の予約を強要することはありませんのでご安心ください。
ご自身が受けたいと思ったときに受けるのが一番だと思います。

 

Q3.深層イメージ療法の ”深くリラックスしているが、集中している状態” とはどんな感じですか?リラックスしすぎて、話したくなことまで話してしまったりすることはないですか?

大丈夫です。
”深くリラックスしているが、集中している状態”は、集中して本を読んだり、映画に熱中しているときのような状態です。
意識が内側に向いていて、外界でおこることに普段より多少意識が向かないというだけで、意志がなくなるわけではありませんのでご安心ください。

 

Q4.心療内科にかかっており、薬を服用していますが、セラピーは受けられますか?

セラピーを受けることはできますが、医療機関に通院中の方は、必ず主治医の承諾を得てからセラピーをおうけください。

 

 

トップページの真ん中の広告


セションメニュー
お問い合わせ
お申込み

ヘッダ右の広告3

ページ上部へ戻る