セラピーの種類

クライアント様のお話を伺いながら、数種類の心理療法(来談者中心療法、論理療法など)を組み合わせて使いますが、主に利用するのが ヒプノセラピー(深層イメージ療法) です。
DW059_L

人間には自覚出来る意識(顕在意識)と 自覚できない意識(潜在意識)があり、
自覚できない潜在意識が9割を占めているといわれています。
”自分のことは自分でよくわかっているわ”と思っているあなたも、
実は1割しかわかっていないのです。
残りの9割、自分では自覚できない無意識(潜在意識)の中には、
人生で経験してきたさまざまな出来事、そしてその時に感じた感情が記憶されています。
それらの記憶や感情は知らず知らずのうちに今のあなたの心(行動パターンや感じ方)、
そして体にも大きな影響を与えているのです。
必要以上に不安を感じてしまったり、体に症状(パニック発作や不眠など)が出てしまう原因は
この潜在意識に原因がある場合が多いのです。

ヒプノセラピー(深層イメージ療法)  では、深いリラックス状態になることにより潜在意識に深くつながり
〇自分では忘れてしまっている過去のネガティブな感情を癒したり
〇さまざまな気づきを得たり
〇自分の本当の想いに気づいたり
〇自分に必要なプラスのイメージをインプットする

ことによって、感じ方や考え方、行動パターンを変えていきます。

 

潜在意識に働きかけることができる意識状態で心理セラピーを行うのが、
ヒプノセラピー(深層イメージ療法) の他の心理療法やカウンセリングとの一番の違いです。
マイナスから0へ だけでなく、0からプラスの状態までサポートします。
あなたが幸せになるヒントは、あなたの外ではなく、中にあリます。 

 

ヒプノセラピー(深層イメージ療法) の中にも、いろいろな種類があり、
セラピストがお話を伺いながらあなたにあったものを選びますが、
下の”深層イメージ療法の種類”の説明を読んで、ご希望をお伝えくださってもかまいません。

ヒプノセラピー(深層イメージ療法) の種類

退行療法1退行療法

人は大人になるまでに、多くの喜び、怒り、悲しみ、楽しさ、苦痛などといった感情や感覚を味わって、成長していきます。
人は、つらい、かなしい、さみしいといった感情はあまり感じたくないので、そういったネガティブな感情は抑圧して、なかったことにして、忘れてしまっていることがよくあります。
しかしそれは抑圧しただけで、決して無くなったわけではないのです。
感じきることができればだんだん薄らいでいく感情も、
抑圧してしまうと、いつまでも心の奥底に残り
おとなになってからも無意識のうちに、影響を及ぼしていることがあります。
退行療法は、過去にさかのぼり、今の自分の悩みや問題の原因に向き合います。
そこでどんな体験をし、どんな感覚、感情を味わったのか追体験することにより、
今の自分を苦しめている原因に気づき、その上で過去の自分の感情を解放したり、
癒したりすることにより、無意識に受けていたネガティブな影響から解放されていきます。

多くの方が涙される、一番基本となるセラピーです。

自己実現法1

水泳

自己実現法は、イメージを活用した「自分がなりたい自分になれるセラピー」です。
なりたい理想の自分になったイメージ、達成感や幸せな気持ち、わくわくした気持ちを体験したものとして深い意識のなかに記憶させていきます。
潜在意識から、なりたい理想の自分のメンタリティ、感覚になっていきます。
そんな理想の自分のメンタリティ、感覚の選ぶ選択は変わりますから、あなたの行動は自然に変わっていきます。
無理をしなくても、自然に理想の自分に近づいていくのです。
スポーツ選手がよく行うイメージトレーニングを潜在意識下ですると考えてくださればわかりやすいと思います。
潜在意識がかわりますので、よりパワフルです。
パニック発作の軽減や、不登校の方の不安軽減にもお手伝いできるセラピーです。

悲嘆療法1

hitann

悲嘆療法は、催眠下で故人との未完に終わったコミュニケーションを完結させることで癒しをえるお手伝いをするセラピーです。
病気、事故、事件などで大切な家族・大切な恋人・大切な友人、家族同様だったペットを失うのは本当につらいことです。
特にそれが突然だった場合、聞きたかったことや伝えたかったことなど、それがなされないままに終わってしまうことが多く、なかなかその喪失感から立ち直ることができません。
深くリラックスし潜在意識に繋がった状態で、亡くなった方をイメージし、こころの中に生きているその方ともう一度逢い、伝えたかった事を伝え、聞きたかったことを聞くことで、心のキズを癒し、悲しみを乗り越え、生きる勇気が湧いてくる・・・そんなセラピーです。

分身療法1

bunnsinn

自分の中にはいくつかの人格の自分がいると思ったことはありませんか?
たとえば、強気な自分と弱気な自分。ポジティブな自分と根暗な自分。
多重人格など極端な場合でなくても、どんな人にも、いろいろな側面があるものです。
分身療法は、”自分の中にいくつかの性格の分身が存在し、今抱えている問題は分身たちが各々良かれと思って取った行動の結果として現れている”との前提で、それぞれの分身の分身なりの言い分を聞き話し合い統合していくことで、自分の進むべき道を決めていくというセラピーです。
問題を引き起こしている分身と問題を解決しようとする分身、それを調停する分身などを登場させて調和を図ります。

病との対話1

問題のある身体部位や病気本体を人とみなして語りかけ、なぜその問題を持っているのかを探っていきます。


心理セラピーは、心の繊細な部分に触れるものですので、セラピーの効果はセラピストとの相性も大きな要素になってきます。ブログを読んだだけでは不安という方、もしくはもう少し心理セラピーについて説明をうけてからセションを受けてみたいと思われる方向けに、

”受けるかどうか迷っている方のための心理セラピーについての説明” 30分 2000円

のメニューを用意してありますので、ご利用ください。


セラピーメニュー
セラピーの料金
お問い合わせ
お申込み

ページ上部へ戻る