ヨガに行くように、気軽にセラピーに行く時代です

カウンセリングや心理セラピーを、重い心の病にかかった人がうけるものとして、
それを受けること=自分はとても悪い状況である
と捉える方もいらっしゃいます。

そのため、”我慢できなくなるほどの状態になったら受けます”

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

カウンセリングや心理セラピーは、

もちろん心の状態をこじらせてしまった方に受けていただきたいですが、

むしろ、そうなる前の、

”なんだか調子がいまひとつだな”

という軽い時に受けていただけたらいいなと思います。

ぎっくり腰になってから接骨院にいくより、

なんか腰の調子が今一つだな と思ったときに行っておく方が

とても軽く、早くよくなりますよね。

それと一緒です。

 

髪を整えるために美容院に行くように

体を整えるためにヨガにいくように

心を整えるために心理セラピーにいく

 

アメリカなどでは、もうそんな感じですので、近いうち日本もそうなるのでしょう。。。(^^ )

理想の自分になるスピードを上げたい方や、
自分の進むべき方向を知りたいというような方にも受けていただいています。

 

セラピーポスター


IMG_0318

↑写真はうちの60年もののピアノ。
今では考えられないけれど、鍵盤が象牙なんです。

そのドの鍵盤の側面に、小学生の私が書いた ”さとみ” という落書きを発見!!

落書きしたころの私は
”うちの鍵盤は黄色いし、重い。
軽くて真っ白なのがいい!!” って怒ってました。


セションメニュー
お問い合わせ
お申込み

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る