無意識はディズニーランドよりおもしろい

人間の意識の中で、自覚出来るのは3~10%

つまり、自覚出来ない無意識が90~97% 。

 

では、この無意識の部分には何が入っているのか、というと

今までの体験、感情の記憶。

 

悲しかったと、嬉しかったこと、辛かったこと、
そして本当の願い
そんなものがすべて入ってる。

 

 

それだけでも驚きなんですが、
私たちの感情や、行動は、ほとんどがこの無意識がつかさどっている。
現実を作っているのは、無意識なんです。

 

例えば、私の場合、、、
以前、子供が心配で心配で、どうしても手出し口出ししてしまってたんです。
そんな時、ヒプノセラピーを使って無意識を見に行きました。

そこで見たのは、私が5歳のころの記憶。
小学校の油絵教室に通う母。
退屈して、ひとり校庭に遊びに出る私。
5歳の子にとってはものすごく高い遊具に夢中でのぼるうちに、

降りれなくなって、
怖くて寒くて、周りを見ても誰もいない。
”お母さん、助けて!” って思うけど、助けに来てはくれない。
私には何日にも思えるほどの死ぬような思いの数十分の後、
命からがら降りてきた。

その時、私の心に刻みこまれていた感情が

”母親が好きなことをして、子供を見てないと、子供は死ぬような目にあう”

自分でも覚えていないほど昔の記憶。
それから、数十年たって自分の子供が出来たとき、
その時の感情が行動を左右していたんだと気付いて、驚いた。
でもそれは、セラピストに指摘されたのではなく、
自分の中からでてきたから、とても説得力があった。

 

感情は感じないようにして、蓋をしていると、いつまでもいつまでもそこに残り続ける。
でもしっかり感じて、癒してやると、すっと楽になります。

 

私も、小さいころの記憶に気付いただけで、感情は大分緩やかに。
でもなくなるわけじゃない。
でも、 ”子供をみてなきゃ!” その感情が沸き起こるたび、
” あの経験が私に、必要以上の思いを沸かせてる。大丈夫。大丈夫 ”
って自分に言えるようになった。
その後の行動を、感情に乗っ取られることなく、選べるようになりました。

 

 

無意識の中は、ワンダーランド。

悲しみも喜びも、自分の本当の望みもぜーんぶ詰まっている。
ディズニーランドより、よっぽどおもしろい。

 

よく ” 自分探しの旅に出る ” っていうけど、
本当の自分は遠い異国の地にいるわけじゃない。

 

ぜーんぶ、今いる自分の中にある。

 

それを見れるようになること=自分と繋がる

 

無意識はすべての人が100%持っている。
見るのに特別な能力なんていらない。
誰でも、見れる。
こんな楽しいもの、見ない手はないのに、と思う土曜の午後。。。。

めったやったらに眠いです。

 

 

〇セミナーの中では、自分と繋がる方法、無意識を味方につける方法もお伝えし、ご自分でできるようにします↓
意識からも、無意識からも、ダブルでアプローチ

☆セミナーのお知らせ
シンプルなのに人生が動く心理学&スピリチュアルセミナー(20回)ー心塾ライトー

1月開講予定(申し込み受付中)
詳しいことはこちら→

〇今すぐ無意識を見に行きたいという方は→ヒプノセラピーの個人セション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る